保守・点検

高い性能と安全を守るために
きめ細かな保守・点検が運営リスクを低減させます

メンテナンスの必要性

定期的な保守点検を行なうことで多くのメリットがあります。

実は舞台機構設備の保守に法的義務はありません。しかし、多くの利用者が訪れる施設の設備として、維持管理を行なうことは大変重要な業務です。
舞台装置は常に重量物が吊り下げられており、それらの落下は人命にもかかわります。もし重要な事故が起こってしまった場合、運営者様は大変なダメージを受けますので、そのようなリスクを未然に防ぐことが重要です。
また、危険回避のほかにも機器の寿命を延ばすなど多くのメリットがありますので、保守サービスを合わせてご検討ください。

重大な事故を回避する 機器の寿命を延ばす 機器の性能を維持する

メンテナンス・点検項目

小林舞台システムでは160以上の点検項目をご用意しています。

舞台吊物機構は自動車等と同じく機械ですので使用頻度・年月経過に伴い、昇降マシン・滑車等の機械類における劣化、制御盤等の電気類の老朽化が必ず起こります。しかし定期的なメンテナンスを行うことで、危険を最小限に抑えることができます。
小林舞台システムでは160以上の点検項目を使い、専門技術者が危険要素を早期発見します。

■ブレーキ
■機械台枠
■ラック・ピン・スクリューギア
■シャフト
■軸承
■継手
■車輪
■ガイドレール
■ガイドシュー
■ワイヤ・ロープ
■マニラロープ
■メンシーブ・ドラム
■ロープ・ロック
■枝滑車
■吊物用バトン
■ウェート枠
■ウェートレール
■鉄骨・フレーム類
■操作盤
■減速機
■電動機
■減速歯車関係
■チェーン及びホイール関係
■Vベルト及びプーリー
■制御盤(ブレーカー類・リレー類)
■各所スイッチ類
■電線管
■油圧機器関係

詳しいチェックリストをダウンロードする

緞帳クリーニング

会館・ホールの顔である“緞帳(どんちょう)”を美しく蘇らせます。

長年にわたり使われている緞帳は、経年経過とともに表面の輝きが失われ、付着した汚れにより防炎性能さえも失われます。
また、吊り紐や糸の劣化による落下事故の危険性も高まるため、7〜8年を経過した緞帳はメンテナンスが必要といわれます。
小林舞台システムでは「緞帳の取り外し・クリーニング・防炎作業・補強作業・吊り込み」の一連の作業をパッケージとしてまとめてお受けできます。

美しさが蘇った緞帳

輝きを取り戻すためのクリーニング

消防法にもとづいた防炎加工

お客様の声

美幌町民会館 びほーる

お問い合わせ・ご相談・資料請求
または
Webからのお問い合わせ・資料請求はこちら